葉酸でダウン症は予防できる?

【重要】【緊急】【要確認】
妊娠後期に化学合成された葉酸を過剰に摂取すると「生まれてきた子供が喘息になるリスクが高くなる」という研究結果が、オーストラリアのアデレード大学のマイケル・デービス博士により発表されています。

葉酸でダウン症は予防できる?

1989年にアメリカの医学誌「JAMA」で妊娠初期の女性が葉酸を推奨摂取量を取るとダウン症発生のリスクが抑えられるというデータが発表されました。

 

葉酸というのはビタミンの一種で細胞を作るのを助ける効果があります。妊娠3ヶ月前から妊娠後3ヶ月まで葉酸を取ることが重要となります。

 

このことが重要だと捉えたアメリカは国が葉酸を取るよう呼びかけています。日本でも2000年に厚生労働省がその必要性を発表しましたが、まだまだ認知が低いようです。

 

ダウン症の原因は?予防はできる?防ぐためには?

妊娠中にサプリメントを摂取する場合の注意点

妊娠中には葉酸などのサプリメントを摂取したほうが良いといわれています。何か注意点はあるのでしょうか?サプリメントを妊娠中に安心して摂取する場合には、あらかじめ主治医に相談すると良いでしょう。葉酸サプリメントや、ビタミンサプリメントが妊娠中はよいといいます。ビタミンAのサプリメントは過剰摂取に注意が必要です。妊婦が大量にビタミンAを摂取すると、先天性の奇形がお腹の赤ちゃんに発生する可能性が高まるといいます。過剰摂取がいけないというとサプリメントでビタミンAを摂取する量を減らせば良いと思う人もいるかもしれません。実はビタミンAはレバー、乳製品、魚類、緑黄色野菜、フルーツなどの食品からも摂取できます。普段の食事だけでもビタミンAが足りているのに、プラスしてサプリメントを摂ってしまうと、簡単に過剰摂取になってしまいます。過剰摂取の弊害が発生しないように気をつけて、食事とのバランスをとりながら、サプリメントを選択しましょう。妊娠中のビタミンDの摂りすぎは赤ちゃんの歯牙形成異常と、ビタミンKの摂りすぎは口蓋裂や水頭症といった胎児の奇形のリスクを高めるので要注意です。妊娠している時にサプリメントを使う時は、栄養の摂り過ぎに要注意です。

 

ダウン症の原因は?予防はできる?防ぐためには?