先天性異常を防ぐことができるのか?

【重要】【緊急】【要確認】
妊娠後期に化学合成された葉酸を過剰に摂取すると「生まれてきた子供が喘息になるリスクが高くなる」という研究結果が、オーストラリアのアデレード大学のマイケル・デービス博士により発表されています。

先天性異常を防ぐことができるのか?

先天性異常の大半は、妊娠直後から妊娠10週以前に発生しています。特に中枢神経系は妊娠7週未満に発生することが知られています。つまり、妊娠が分かってから、または妊娠の疑いがあってから産婦人科を訪れて対応するのでは遅いと考えられています。このことから、多くの研究報告と諸外国では、葉酸の摂取時期を少なくとも妊娠の1ヶ月以上前から、できれば妊娠の3カ月前からとしています。一方、妊娠が判明してからの摂取でも効果がみられたという報告もあります。

 

ダウン症の原因は?予防はできる?防ぐためには?

妊娠前に摂るサプリメント

妊娠を計画している人におすすめのサプリメントがあります。赤ちゃんの健康に欠かせない葉酸のサプリメントです。葉酸は水溶性のビタミンで主に色の濃い緑黄色野菜に含まれています。他にはレバーや豆類、胚芽や酵母など普段口にする食品に含まれています。そうはいっても葉酸は光や水、熱にとても弱い栄養素なので気がつかないうちに足りなくなってしまいます。場合によっては、しっかり野菜を食べていても、葉酸が欠乏したりします。葉酸は健康な新しい細胞を作るのに欠かせない栄養素です。赤ちゃんの細胞が作られる時期である妊娠期にも欠かせない栄養素だといえます。妊娠をするつもりがある女性が葉酸サプリメントを使うことを、厚生労働省が勧めています。サプリメントで葉酸を摂取すれば、調理の家庭で葉酸が壊れてしまうことはありません。食品中の葉酸よりもサプリメントの葉酸は小さな粒になっているので吸収率が良いといいます。普段の食事ではできるだけ葉酸が壊れない調理法を選び、足りない分はサプリメントでしっかりと摂取しましょう。お腹の赤ちゃんが順調に育つように、妊娠可能性のある女性は、サプリメントでよ葉酸を摂りましょう。日本人の葉酸の平均摂取量を見ると足りているようですが、妊婦の摂取量には不足しているといいます。妊娠を希望する女性は、通常の2倍の葉酸を摂取することが望ましいため、サプリメントを活用することが賢い方法です。

 

ダウン症の原因は?予防はできる?防ぐためには?