葉酸で男性の精子の染色体異常を軽減できる?

【重要】【緊急】【要確認】
妊娠後期に化学合成された葉酸を過剰に摂取すると「生まれてきた子供が喘息になるリスクが高くなる」という研究結果が、オーストラリアのアデレード大学のマイケル・デービス博士により発表されています。

葉酸で男性の精子の染色体異常を軽減できる?

アメリカのカリフォルニア大学バークレー校Dr.ブレンダ エスケナージ(Brenda Eskenazi)氏が、Human Reproduction(ヒューマン・リプロダクション)という雑誌の電子版に「葉酸による精子の染色体異常に与える影響」についての記事を発表しました。

 

葉酸を摂取することによって、男性の精子を正常な状態に保つのに役立つようです。サプリメントや緑黄野菜などから葉酸を多く摂取した男性は精液の異常が少なく、特に染色体が異常な精子が少ないことがわかりました。

 

健康な男性の1〜4%が何種類かのタイプの染色体異常性をもつと推定されています。研究結果では、葉酸の摂取が高かった男性の精子は染色体異常性の発生が低いという統計を示しました。

 

葉酸の摂取量が上位25%の最も摂取量が多いグループは、それより少ない摂取量のグループより、何タイプかの染色体異常性が20〜30%低下しました。

 

ダウン症の原因は?予防はできる?防ぐためには?

女性に人気の葉酸サプリメント

女性に人気のサプリメントはいろいろありますが、葉酸のサプリメントは妊娠中の女性に人気があるサプリメントです。葉酸はお腹の赤ちゃんに大きな影響を与える栄養素です。ビタミンB群は新陳代謝を活発にすることで有名ですが、細胞分裂に大きな影響を与えるといわれています。食事メニューに緑黄色野菜を取り入れることで葉酸の摂取量は満たされるといいますが、毎日野菜を食べることは手間がかかります。サプリメントであれば効率よく葉酸を摂取できるので妊娠中や妊娠を望んでいる女性に人気なのです。妊娠初期にしっかり葉酸を補給しておくことによって、お腹の赤ちゃんが先天性奇形になりにくいといいます。葉酸の摂取が理想的なのは、妊娠前から妊娠10週目くらいだそうです。この期間にお腹の赤ちゃんはお腹の中でどんどん成長しているからです。細胞分裂を繰り返し、脳や耳、目など人間にとって重要な器官が出来上がる時期でもあります。葉酸をサプリメントで積極的に摂りたい女性も多く、人気が高まっているといえるでしょう。妊娠時は1日400μg、妊娠していない時でも、女性は1日200μgの葉酸を摂取することが、健康な体づくりの役に立つと言われています。動脈硬化の予防、肌の老化防止、貧血予防、アレルギー症状の改善など女性にとってうれしい効果がたくさんあります。葉酸サプリメントを好んで使う人がいることも、サプリメント人気を物語っています。

 

ダウン症の原因は?予防はできる?防ぐためには?