女性に不足しがちな葉酸

【重要】【緊急】【要確認】
妊娠後期に化学合成された葉酸を過剰に摂取すると「生まれてきた子供が喘息になるリスクが高くなる」という研究結果が、オーストラリアのアデレード大学のマイケル・デービス博士により発表されています。

女性に不足しがちな栄養素

栄養不足になる人が、最近は意外と少なくありません。温めるだけのレトルト食に頼る人が多かったり、多忙のあまり食事にほとんど時間をかけていないという人が、増加しているためだと言われているようです。

 

では、栄養不足のリスクかあるものとは、女性の場合は一体何でしょう?鉄分やカルシウム・葉酸が不足しないように、女性は特に注意をする必要があります。

 

女性の体は、男性の体よりも、カルシウム不足の恐れがあります。妊娠、出産、授乳の中でカルシウムを子供に分けあたえてしまうこともあり、骨に含有していたカルシウムが少なくなってしまいます。

 

女性の場合は月に1度の生理があり、その時に体内の鉄分が一部外に出されてしまうようになります。生理があるために、人生の大半が鉄分を失いやすい状態にあるというわけです。

 

洋食を好んで食べる女性が多くなっていることから、葉酸や、ビタミン、ミネラルの摂取量が減少しています。

 

ダイエットのために油脂の少ない低カロリーの食事をしていると、そのせいでビタミンE不足になることもあります。肩凝りや、冷え症の対策には、ビタミンEを含む食事をして血液の流れをよくする必要があります。

 

体内のビタミンEが不足しないよう食事などを心がけることで、アンチエイジング効果も得られます。ビタミンEを含む食材は、ナッツ類、さんまなどの青味魚、玄米などです。

 

葉酸不足の状態になる女性は、心身的に調子が悪くなるだけでなく、実年齢以上に年をとって見えたりもします。サプリメントで、体に必要な葉酸を効率的に補給することで、女性の葉酸不足に対するいい対策になるでしょう。