妊娠中の赤ちゃんに影響がないダイエット方法は?

【重要】【緊急】【要確認】
妊娠後期に化学合成された葉酸を過剰に摂取すると「生まれてきた子供が喘息になるリスクが高くなる」という研究結果が、オーストラリアのアデレード大学のマイケル・デービス博士により発表されています。

妊娠中のダイエット

妊娠中にダイエットはする必要があるのでしょうか?妊娠中の女性は、とても太りやすい状態です。皮下脂肪を増やしてお腹の赤ちゃんを守ったり、カロリーを蓄えておくためです。けれども、妊娠中毒症や、妊娠糖尿病の背景には、母胎の太りすぎがあります。これ以外にも、妊婦が太ることの弊害はあります。妊娠中はダイエットで体重を減らすのではなく、食事や適度な運動で体重を増やさないことが大事です。妊娠している時は、ふえた脂肪をダイエットで減らそうという考え方はしないようにします。妊娠すると、病院からはこのくらいのペースで体重を増やすようにという指導があります。病院の指導より太りすぎてしまったからといって、極端に食事量を減らしたり、過度な運動をするといったダイエットをすることはいいことではありません。妊娠中のダイエットは、胎児の栄養失調の原因にもなります。妊婦の体重増加度合いは、産婦人科ごとに異なっています。あまり神経質になりすぎず、無理なくできる範囲で体重をコントロールしていくことが大事です。健康状態を保つことを重視し、ダイエットをしなくてもいいような体重の増やし方を妊娠時は心がけていくといいでしょう。

 

天然葉酸サプリメント比較

妊娠中の体重を管理する方法

妊娠中は体重の増加スピードを調節することが大事ですが、ダイエットをするような状況にはならないことが大事です。妊婦雑誌や、病院での指導でも、体重増加にばかり気をとられすぎて、中には神経質になってダイエットをしてしまう妊婦さんもいるようです。厚生労働省から、妊娠前の体格別に推奨体重増加量が出ていますので、参考にするといいでしょう。もしもダイエットをしないような体重のつけ方をしたいなら、どうすればいいでしょう。基本は、規則正しい生活習慣と、バランスのとれた食事です。時間を決めて、1日に1回体重を計測することによって、体重に対する関心を高めることができます。妊娠中は体を動かす意思が低下する人も多いですが、普段どおりくらいの散歩や、軽い家事はする習慣をつけるといいでしょう。食事は一汁三菜がおすすめです。和食は低カロリーで、妊娠中の食事に向いています。塩分量が多くなりがちなことがネックですが、酢の物や、ハーブを使う料理などで塩分ひかえめの食事をしましょう。ご飯の盛りつけ量を減らすために茶碗を子どもサイズに変えたり、食事の分量とメニューを書いてみるのもおすすめです。妊娠中にダイエットをせず健康的な生活を送りましょう。妊娠時に適正量の食事を食べて、適度な運動をしていてもなお体重が増えたという人は、ダイエット云々というより、もともとその体重が理想形ということもありえます。

 

天然葉酸サプリメント比較

妊娠中に行うダイエットの弊害

妊娠中にダイエットをしたいという女性は少なくないようです。健康な出産のために太りすぎたくないという人もいます。中には赤ちゃんがお腹の中で小さいままなら出産が楽という考え方や、妊娠中でも太りたくない人もいます。妊娠中でもきれいでいたいという動機の是非は別問題として、しかし、妊娠中のダイエットは体によくありません。母親の体に貯め込まれているカロリーは、妊娠初期の胎児はそれほど必要としていませんが、後期になればカロリーを消費して成長に回していきます。妊娠中の女性はある程度体重がつき、脂肪やコレステロールが増えることになります。最近では、妊娠する前からダイエットに熱心な女性が多い影響で、出産される胎児の体重が低いままという問題が発生しているといいます。妊娠中にダイエットをしすぎると、お腹の赤ちゃんまで栄養失調になってしまいます。栄養失調になった赤ちゃんは出産後も合併症の危険性が高く、発育不良のリスクがあります。妊娠中のダイエットは、お腹の赤ちゃんにも確実に影響を及ぼしているのです。最近、妊娠中に母胎がしっかりと栄養をとれていないと、子供が肥満になりやすくなることが指摘されています。少ない栄養で育ったぶん、少ない栄養を脂肪に蓄積しやすい体質になるためだと考えられています。妊娠している時は太りすぎるのも体にはよくないですが、ダイエットをすることもよくはありません。

 

天然葉酸サプリメント比較