ダウン症の原因は?予防はできる?防ぐためには?

【重要】【緊急】【要確認】
妊娠後期に化学合成された葉酸を過剰に摂取すると「生まれてきた子供が喘息になるリスクが高くなる」という研究結果が、オーストラリアのアデレード大学のマイケル・デービス博士により発表されています。

ダウン症は防ぐことができるのか?

ダウン症の原因はたくさんあります。

 

女性の飢餓状態で出産、栄養不足、葉酸の完全不足、性ホルモン不足、タンパク不足、酵素不足などです。

 

いずれもこの状態では奇形を発生させる可能性が高くなります。

 

この中でも、最も奇形を発生させる可能性が高いのは、葉酸の不足です。

 

葉酸が多く含まれているのは緑黄色野菜です。

 

葉酸

葉酸は水溶性ビタミンB群の一種で、水に溶けやすいという性質を持っています。

 

水溶性ビタミンB群
  • ビタミンB1 チアミン
  • ビタミンB2 リボフラビン
  • ビタミンB3 ナイアシン
  • ビタミンB5 パントテン酸
  • ビタミンB6 
  • ビタミンB7 ビオチン
  • ビタミンB9 葉酸
  • ビタミンB12 シアノコバラミン

ビタミンB9が葉酸となります。

 

水溶性ビタミンB群の摂取は難しい
  • 水洗いや加熱調理の段階で、水や油に溶け出してしまう。
  • まとめて(過剰に)摂取しても尿中に出て行ってしまう。

なので、定期的にしっかり摂っていかないと体の中に残らないのが水溶性ビタミンB群の特徴となります。また、食事性葉酸の吸収率が低いため、厚生労働省は栄養補助食品からの摂取を推奨しています。

 

 

葉酸の働き

葉酸とビタミンB12が一緒になって、タンパク質や核酸といった細胞の生産や再生を助け、体の発育を促しています。また、赤血球の生産を手助けする造血ビタミンとなっていますので、妊娠中の貧血予防や母乳の生成に役立ちます。

 

先天性異常のリスクを下げる効果が報告

欧米や中国を中心とした諸外国により疫学研究が行われ、妊娠期の妊婦が葉酸の摂取により、以下の先天性異常のリスクを下げる効果が報告されています。

 

二分脊椎症
背骨が胎内で発生する途中で背中の中央の脊椎弓のくっつきが不完全だったために、左右に分裂している病気。
無脳症
神経管の上部で閉鎖障害が起きると脳が形成不全となり、体は赤ちゃんらしく成長するが、頭部はほとんど形成されないという病気。

 

この2つ先天性異常は、妊娠の初期の段階でしっかり葉酸が摂られているかどうかで違ってくると言われています。厚生労働省は2000年に、妊娠を計画している女性及び妊産婦等に対し、1日あたり400ug以上の付加摂取を奨励しました。

 

また、日本だけが上2つの病気の割合が高い状態であり、この25年間で二分脊椎症の先天性異常は2倍となっているため、葉酸は重要な成分であることがわかりました。

 

 

葉酸の摂取量

妊娠計画中
推奨量240ug/日
栄養補助食品400ug/日

 

妊娠初期
推奨量240ug/日
栄養補助食品400ug/日

 

授乳中
推奨量340ug/日

妊娠計画中と妊娠初期の段階では、1日に400ug栄養補助食品から摂ってくださいと国が推奨しています。

 

母乳は血液から作られているため、授乳中の母乳を作る血液もそれだけ多く必要となります。そのため、血を作る役目のある葉酸は授乳期の必須栄養素となります。

 

実際のデータとしても、栄養補助食品からきちんと摂ったほうがいいと出ているので国も栄養補助食品から摂取することをすすめています。

 

 

葉酸の摂取量上限は?

葉酸の摂取量は1日当たり1mgを超えるべきではないとされています。摂りすぎると小児ぜんそくのリスクが1.25倍に跳ね上がるというデータが出ています。

 

葉酸はいつから摂取すればいい?

先天性異常の多くが妊娠直後から妊娠10週の間に発生しています。特に中枢神経系の先天性異常は妊娠7週未満に発生することが多い。つまり、妊娠が発覚した時点ではもう手遅れの可能性が大きい。ほとんどの研究報告では、葉酸は少なくとも妊娠の1ヶ月前から、できれば3カ月前から摂取することを推奨している。

 

日本では、厚生労働省が1日400ugの葉酸の摂取を推奨している。

 

 

妊娠前後・授乳期に大事な成分

ビタミンB12
成人女性 推奨量2.4ug
妊娠期 推奨量2.8ug
授乳期 推奨量2.8ug
ビタミンB12は葉酸と共に赤血球を作るために働くので血液を作る大切な成分となります。

 

ビタミンB6
成人女性 推奨量1.2mg
妊娠期 推奨量2.0mg +0.8ug
授乳期 推奨量1.5mg +0.3ug
妊婦さんがビタミンB6の欠乏に陥ると、つわりが悪化したり、妊娠中毒症を起こす可能性が高くなります。

 

鉄分
成人女性 推奨量11.0mg
妊娠初期 推奨量13.5mg
妊娠中期後期 推奨量26.0mg
鉄分は血液をつくる材料となります。妊娠すると赤ちゃんの発育のため多くの鉄分が必要となります。

 

 

妊娠中に注意する成分

ビタミンA
推奨量 670ugRE
過剰摂取 3000ugRE

 

ビタミンAは、脂溶性ビタミンのため、体外に排出されず蓄積されます。
ビタミンAの過剰摂取は主に動物性由来のビタミンA(レチノール)が問題となり、植物性由来のβーカロテンは体外へ排出されるため問題ありません。
妊娠中にビタミンAを摂取しすぎた場合、お腹の赤ちゃんが奇形に繋がる可能性がありますので、十分に配慮する必要があります。

天然葉酸サプリメント比較

妊娠後期に化学合成された葉酸を過剰に摂取すると「生まれてきた子供が喘息になるリスクが高くなる」という研究結果が、オーストラリアのアデレード大学のマイケル・デービス博士により発表されています。

※葉酸のサプリメントには天然と合成があります。合成は値段は安いのが特徴です。当サイトでは天然の葉酸を使用しており、さらに、香料・合成着色料・保存料・甘味料が無添加のサプリメントだけを比較対象にしています。

美的ヌーボ東尾理子さんも愛用!ビタミン・ミネラル27種配合《美的ヌーボ》 オーガニック天然葉酸 ベルタ葉酸サプリ
価格 7,560円
1ヶ月分
4,980円
2ヶ月分
5,980円
1ヶ月分
定期購入 6,048円
6カ月継続
4,730円 3,980円
6カ月継続
生産国 アメリカ アメリカ 日本
ビタミン・ミネラル 27種類 記載なし 27種類
葉酸 400ug 400ug 400ug
天然or合成 天然 天然 天然
ビタミンB12 100ug 記載なし 記載あり
ビタミンB6 100mg 記載なし 4mg
15mg 記載なし 15mg
ビタミンA 670ug
βカロテン
記載なし 2.4ug
ビタミンE 302mg 記載なし 0.03mg
カルシウム 250mg 記載なし 250mg
ビタミンC 500mg 記載なし 記載あり
放射能 チェック済 記載なし チェック済
美容成分 × ×
1日摂取量 4粒 2粒 4粒
公式サイト 美的ヌーボ
http://monokuru.com/
オーガニック天然葉酸
https://bandh-r.org/
ベルタ葉酸サプリ
http://belta-shop.jp/

単純に成分が多ければ多いほど値段が高くなっています。水溶性ビタミンが食べ物からの摂取が難しいことを考えるとビタミン入りの美的ヌーボが理想かと思います。

ビタミンB群の役割は?

サプリメントを使ってビタミンBを補給しようという人が、増加してきています。何を目的に、ビタミンBのサプリメントはサプリメントで得るものなのでしょうか?

 

体に必要な成分を取り入れ、いらない成分を出すことが、健康状態の改善には欠かせません。ビタミンB群とは、たんぱく質、脂質、炭水化物を分解した時に、エネルギーを抽出する役割を果たしています。

 

体内に留まっている老廃物の排出にも、ビタミンBは必要とされています。また、ビタミンB群とは、ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸などの事を含めて、こう呼ばれています。

 

摂取したアルコールや体脂肪を燃やす作用も、ビタミンBにはあります。サプリメントでダイエット効果を高めたいという人、お酒を体内で分解したいという人にはいいものです。

 

健康状態を維持するためにも、葉酸の存在は欠かせませんので、食事なり、サプリメントなりで、確実に得ることが重要です。葉酸は相互作用によって効果を高める性質がありますので、様々な成分をまんべんなく摂ることが重要です。

 

特に豚肉がビタミンBが豊富だといいますが、一つの食材にこだわらず、何種類もの栄養成分を体内に取り入れることが重要になります。ビタミンB群は水に溶けやすい性質があり、過剰分は尿などに溶け出してしまいますので、食べ貯めがきかない栄養成分といえます。

 

ですから、葉酸を摂取するならば、1日3回、必要な量を飲み続けないと意味がないのです。日々の食事のみで葉酸が足りるならそれでいいのですが、実際には困難ですので、食事だけでは足りない分はサプリメントを使いましょう。

 

体内に十分な葉酸をキープするために、サプリメントを利用するといいでしょう。

葉酸サプリメントの選び方について

最近は、葉酸のサプリメントを利用しているという人が、たくさんいるようです。よりよい葉酸サプリメントを探すには、一体、どうすればいいものでしょうか?

 

水溶性の葉酸は、まとめて摂取しても、使い切れない分は尿などに溶け込んで、体外に出されてしまいます。葉酸のサプリメントを選ぶ場合には、吸収効率の高いものを選ぶことがポイントになります。

 

ただの葉酸ではなく、天然の葉酸であれば、体の中に留まる時間が長く、吸収量も多くすることができるといいます。葉酸のサプリメントを選ぶ時には、天然成分が適しているようです。

 

相互効果があることが、葉酸の特徴であるといいます。8種類のビタミンBがまんべんなく含まれているサプリメントにすると、効果が高いと言われています。

 

健康効果を高めるために使う葉酸ですから、使う以上は確実に、体の状態がよくなるようにしたいと考えるのが一般的です。推奨されている用量を飲んだ時に、一日のどの程度の葉酸が摂取できるかをチェックするといいでしょう。

 

とはいえサプリメントは、長く続けてこそ効果があるものです。1,2週間続けたからといって、効果がでるものではありません。健康への影響が感じられるまでには、2カ月ほどかかります。

 

背伸びして高価なサプリメントを選ぶと、飲み続けることがつらくなってしまいます。継続して葉酸を飲み続けるには、品質も重視したいものですが、お金が続くものであることも重視しましょう。

ビタミンB群サプリメントでダイエット?

信頼性の高いビタミンB群のサプリメントは、多くの人が利用しているといいます。ダイエット効果も期待できることが、ビタミンB群サプリメントがよく売れている理由です。

 

食べ物の量を減らし、ダイエットに精出しているにもかかわらず、ビタミンB不足で一向に痩せない人もいます。ビタミンB群がダイエットにいいのは、どうしてなのでしょうか?

 

糖質の代謝を促す機能が、ビタミンB1にはあるといいます。日本人の主食であるお米は、糖質をたくさん含んでいますので、食べ過ぎた時などビタミンB1を摂取して燃焼させることが大切です。

 

エネルギーにしきれなかった糖質は、体脂肪となって体重増加の要因となります。脂肪をエネルギーに変えるためには、ビタミンB2が必須です。ダイエットを成功させるには、脂質の燃焼促進が欠かせません。

 

そのために重要な役割を担うのが、ビタミンB2といえます。ビタミンB2が欠乏状態に陥ると、脂質の代謝か停滞し、体脂肪が体の中に残りやすくなりますので、要注意です。ビタミンBを多く含む食材といえば、豚肉や、レバーです。

 

ネックは、それ自体がカロリーが高い食品であることです。日々の食事からビタミンBを補給しようとすると、どうしてもカロリーが多くなってしまいます。

 

せっかくダイエットに役立つという事でビタミンB群を摂取しようとしているのに、食品から摂取すると、反対に太ってしまうことがあるわけです。

 

ビタミンBを確保し、かつ、カロリーの低い食事をするには、サプリメントを使うことです。効率的なダイエットをするには、サプリメントでビタミンBを補給するだけでなく、運動をしたり、活動量を増やすようにしましょう。